Kiriの指導方針・特徴

プロ家庭教師のkiriです。医学部受験・大学受験を専門に、日々指導にあたっています。

こちらでは、私の指導方針・指導の特徴について、ご紹介します。

分かりやすさと根本的理解

説明の分かりやすさにはかなりの自信があり、ほぼ全ての生徒に分かりやすいと評価をいただいております。


ただ やり方を分かりやすく説明するだけでなく、なぜそのようなやり方になるのか、なぜそう考えるのかを、根本的な理屈から説明することを重視しています。


そのため、「そういうことだったのか。初めて意味が分かった。」という言葉をもらい、晴れやかな顔をしてくれる生徒も、私にとっては特に珍しいことではありません。


難関大学に合格するためには、表面的な理解ではなく根本的に理解をしてもらい、記憶だけではなく論理によって解答を行い応用がきくようにしていくことが必須になります。


そのレベルに到達させることを目標に、日々指導を行っています。



定着・演習を重視

理解だけが大事と思われがちな勉強ですが、理解と同じくらい、知識を定着させることが大切だと考えています。

理解していてもスムーズに知識を取り出せないようでは、試験では使い物になりません。

定着の大切さを理解していないことで、結果が出ない子は決して少なくはありません。


私の指導では 定着を重視し、演習時間を 積極的に取り入れています。

講師はどうしても教えたがる傾向にあります。

ですが、教える時間を必要最小限にし,演習時間を増やして定着をさせる、あるいは考えさせることが、私は最良の指導だと考えています。


高得点を取る人の多くは、同じ問題を何度も何度も繰り返す、反復演習を行っています。

同じ問題を何度も解くことによって、理解の甘さを認識し、新たな発見をし、知識をより深めていく。これが勉強だと思います。



最難関レベルまで対応します

最難関レベルの受験を支えるには、講師の学力は必要不可欠です。

解答を見てそのままの内容を伝えるだけでは、難問は解けるようになりません。

解答を読むだけでは理解しづらい、あるいは解答には全く載っていない、本質的な部分を説明する必要があります。


加えて、現在の入試事情に詳しくなければならないと思います。

当然のことながら、過去に出題された入試問題全てに触れるのは不可能です。

となると、触れることができる限られた問題は、出来る限り有意義な問題であるべきです。

それには講師が、良質な問題,そして出題されやすい問題を用意することが大切だと思います。


私は、国立・私立問わず、年間100以上の大学入試問題を解き、日々学力を磨き、出題される内容を把握しており、理系の最難関レベルまで十分に対応致します。



医学部受験に精通(医学部受験希望者)

仕事柄、医学部受験をご希望されるご家庭は多いです。


私は医学部予備校での指導経験があり、また 毎年私立医学部31大学,国公立医学部50大学の全ての過去問を解いております。

そのため、非常に医学部受験に精通しております。


医学部のように理系最難関ともなると、効率の良い学習と多くの情報が不可欠となります。

私の方では、その両方を提供致します。



鉄緑会・研伸館・駿台などの塾・予備校のフォローが可能です(希望者)

学校のフォローを行うことが多いですが、ご希望であれば塾・予備校のフォローも可能です。

進度が早く、難易度が高い塾や予備校では、出来ていない部分の管理や、取捨選択がなかなか大変だと思われます。

私がフォローする際には、解説や質問対応はもちろんのこと、出来ていない部分の管理、取捨選択を行い、効率の良い学習の提供を目指します。



LINEでの質問が可能です(オンライン)

オンライン指導では、LINEで分からないところや疑問に思ったことを質問をしていただくことができます。

ルールはありますが、真面目に勉強している子や,知識を本当に深めたいと思っている子の手助けになると思います。



ご自宅以外での指導も可能です(家庭教師)

ファミレス,フードコートなどの飲食店での指導も可能です(飲食代はご家庭負担となります)。



ブログ